電気工事士のおすすめ工具 | おすすめのエアコンダクトカッター

スポンサーリンク

おすすめのエアコンダクトカッター

エアコンダクトカッター

 

エアコンの室内機と室外機をつなぐ冷媒配管を覆うペフと呼ばれる断熱材や銅管を紫外線や雨水の影響による劣化から保護する目的と見た目をスッキリさせるために使うのがエアコンダクトです。

 

そのエアコンダクトを施工するには必要な長さで切断しなくてはなりません。
その切断に用いるのがエアコンダクトカッターなのですが、仮にエアコンダクトカッターが無かったら、塩ビカッターもしくは金鋸なんかを使って切らなくてはなりません。
すると切断面には切粉が出たりして後片付けも面倒だし真っ直ぐ切断できないことも多くなりますよね。
┐( ̄。 ̄)┌
でもエアコンダクトカッターは、いわばエアコンダクト用の鋏ですから切粉も出ないし、ほぼ真っ直ぐ簡単に切ることができるので時間短縮にもなります。

 

エアコンの冷媒管の処理といえば保護テープを巻いて支持バンドで留めるのが一般的です。
しかし量販店から派遣される取付業者の中には保護テープ巻きもいい加減で支持バンドも使わず固定されていないものも多く見かけます。
冷媒管が固定されていないと、室外機が動いたり強風で冷媒管が動くことで接続部分の機密性が損なわれたり冷媒管自体の損傷を招いたりしてガス漏れの原因となることも考えられるので、明らかな手抜き工事にあたりますが、エアコンの施工方法に関して定めた法律も無いので手抜き工事だとしても業者が
うちの施工方法はこうだ!と言われてしまえば、よほどの瑕疵がない限り罪に問うこともできなければ、工事代金の返還ややり直しには応じてもらえないのが実情ですから、ネットの掲示板などにもさまざまなトラブルが書き込まれているように酷い工事をされてしまう方が後を絶ちません。

 

かなり話が脱線しましたね。 (_ _)。反省

 

一般的な保護テープ巻きで処理するにしても支持バンドを取付て冷媒管を固定しなくてはならず、エアコンダクト工事を行うのと手間的にはそんなに大きな違いはありません。
しかし、その仕上がりはまったくの別物なのは、すでに施工済みのものを見れば一目瞭然ですね。

 

ただ、標準取付工事の中にはエアコンダクトの料金が含まれていないので、その分取付工事費が高くなるのでみなさん敬遠されるのですが、永い目で見れば断熱材の性能も維持されるので冷暖房能力の低下も最小限に留めることができるので、電気代だって若干安くできる可能性もあります。

 

冷媒管の保護材を健全な状態で維持することがエアコンの持てる能力を十分発揮させるのに大切なことを知った上で、お客様にエアコンダクトでの施工を提案すると案外多くの方から依頼されるものですし、最近では建物の美観を重視する傾向もあるので、ますますエアコンダクトでの施工が増えることが想像できますから、エアコンダクトカッターは今や必需品だと言えるでしょう。

私が使ってるダクトカッター

TOP ダクトカッター DC-100M

  • 仕様
    • 底部とフタ部を重ねて同時に切断
    • 刃の送り機構:ラチェット式
楽天はこちらトップ[TOP] ダクトカッター DC-100M

私が使っているエアコンダクトカッターがこれです。
これまでにも違うメーカーのものも使ったんですけど、やっぱりTOPに落ち着きました。
価格面もリーズナブルですし替刃もすぐに購入できるので、いつも新品の切れ味で作業できます。
安いエアコンダクトカッターの中には、エアコンダクトが割れてしまうような粗悪品もあるので注意してください。
私が実際に使ってるものなので自信を持ってみなさんにおすすめしておきます。

 

エアコンダクトカッターで使ったことのあるものや周りの職人さんの意見を参考に信頼できるものはさほどありませんから、一気にご紹介しておきます。

 

エアコンダクトカッター

ケイバ(KEIBA)
ハンディーダクトカッター
ラチェット式 HDC-85

MCC
ダクトカッタ101
ADC101

花園工具
ダクトカッター
VD2100

楽天はこちらマルト長谷川/ケイバ ハンディーダクトカッター(ラチェット式) HDC-85

楽天はこちらMCCコーポレーション エアコンダクトカッタ101【ADC】 替刃式 ADC-101

楽天はこちら花園工具 エアコンダクトカッター VD2100 サイズ300

ジェフコム(JEFCOM)
エアコンダクトカッター
03618402-001

タスコ(TASCO)
エアコンダクトカッター
TA643TD

楽天はこちらJAC-100 電工プロエアコンダクトカッター【ジェフコム】

楽天はこちらタスコ エアコンダクトカッター TA643AC

みなさんよく知っているメーカー品を紹介しましたが、どれも使い方は同じなので迷うこともないと思います。
これらのメーカーは国内規格に適応したものなので、国内メーカーのエアコンダクトならほぼすべてに使えるものですが、詳しくは商品ページやメーカーのHP、カタログなどで確認してください。

 

輸入品で極端に価格の安いものもあるようですが、“国内規格に適応していない可能性”もあるので購入の際は注意してください。

 

ここで紹介したもののほかに何か気になるものがあったらサーチボックスで検索してください。

        スポンサーリンク

 

探してるのものが見つからないときには、
下のサーチボックスに『キーワード』を入れて検索してください。


★☆★ ササッ((((〃⌒ー⌒)/♪ どうぞ
腰道具 便利工具
電動工具 切削工具
電線接続工具 通線工具
安全対策用品 計測機器
エアコン工具 バッテリーと充電器
現場用品 電気工事士試験対策

(電気工事士のおすすめ工具)は amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

お役立ちサイト